レビトラは病院の処方が一番安全な入手法

ED治療薬として知られるのがバイアグラ、シアリス、レビトラの3つで、3大ED治療薬とも称されます。
この3つのED治療薬が日本では認可されている薬であり、また国内においてはED治療でもっとも多く処方されているものです。
一方で目的そのものは勃起を収める酵素の働きを阻害することで勃起をしやすくするというものです。
しかし、この目的が一緒でもバイアグラ、シアリス、レビトラの3つにはそれぞれに作用に関する特徴があります。
バイアグラが標準的なED治療薬であるとするならば、レビトラは即効性に優れ、一方でシアリスは持続性に優れています。
特にレビトラに関しては水に溶けやすい性質であるため食事の影響を受けにくいといったメリットがあり、ED治療薬としての作用をもっとも早く得ることができます。

レビトラを手に入れる方法としては病院で医師に処方してもらう方法がもっとも安全であり、また国内で購入できる唯一の方法です。
これは医師が診断して処方箋を書いてもらわなければ購入することができない処方箋薬であるため国内の薬局やドラッグストアで気軽に購入できるというものではないためです。

ただし安く手に入れるための方法としては海外から個人輸入するという方法もあります。
この方法では海外の病院や薬局で売られている薬を代理で購入してもらい国際郵便で送付してもらうという方法です。
日本語にも対応しており、国内の通販サイトと変わりなく購入することができます。
価格も国内の病院で購入するのと比べて半額程度で手に入れることができますが、リスクとして偽薬が混ざっている可能性があるということです。
身体への影響がない偽薬であればまだマシですが、中には有害な成分が混ざっているものもあり、目的を果たせないだけでなく健康を害する危険もあります。

またレビトラに限らず薬には悪い作用が出る可能性もあります。
その上で病院で処方してもらうことで問題が発生したさいに医師に相談できるので安全ですし安心な入手法といえます。

レビトラを処方する場合は保険適応される?

レビトラを含めてED治療薬は保険は適応されません。
この理由は重度のEDを除けば基本的にはED改善は生活の向上を目指すといったもので保険を使ってまで治すべき病気として扱われていないためです。
同様のものはED治療のほかにもAGA治療、美容整形、審美歯科などがあります。このため高額医療費の控除も対象外となっています。
ただED治療はほとんどが投薬によるものがほとんどですから外科的な処置を必要とするものと比べて費用そのものはそれほど大きいものでもありません。

ED治療では全額自己負担になり病院に相談しにいった場合でも診察料も保険外ですから診察料も全額自己負担です。
また病院によっては検査費用も発生する場合があります。
病院によっては薬だけを専門に処方しているところもありますが、そのようなところでは輸入された薬を処方していることもあり注意が必要です。
また安価に販売しているのであれば納得できますが、通常の価格と変らない価格で販売しているところもあります。
このため信頼できる病院を選ぶことが重要になってきます。

なお、ED治療薬の相場としては1500円から2000円程度です。
レビトラの場合には5mg、10mg、20mgの3種類がありますが、多くは10mgと20mgです。相場は10mgが1500円で、20mgで2000円です。
多くの人の場合には20mgをピルカッターなどで半分にして服用することで費用を抑えることができます。
病院によっては10錠からといったところが多いですが、中には1錠から処方してくれるところもあります。
一方で診察費はED専門クリニックでは無料としているところもありますが、一般的な病院では数千円程度は必要になります。