レビトラは女性が使用すると効果は現れるの?

レビトラは男性の勃起不全を治療するために開発された薬です。
基本的に女性を対象としていませんが、女性が服用した場合には不感症を改善する可能性があります。
レビトラには有効成分のバルデナフィルが含まれています。バルデナフィルには性欲増強などの直接的な催淫効果はありません。
血管を拡張してペニスの血流量を増加させることで、勃起しやすくする効果があります。

男性の勃起はペニスが性的な刺激を受けることで起こります。性的な刺激は脳を興奮させ、脊髄を通って勃起中枢に伝達されます。
刺激がペニスや海綿体の神経に伝わると、海綿体の中で一酸化窒素が放出され血管や筋肉に作用します。
一酸化窒素が血管や筋肉に作用するとサイクリックグアノシン一リン酸と呼ばれる物質が増えます。
サイクリックグアノシン一リン酸は5型ホスホジエステラーゼという酵素を破壊します。

5型ホスホジエステラーゼが破壊されると、海綿体の筋肉が弛緩して血管が膨張し大量の血液が流入するので勃起が起こります。
この勃起のメカニズムは女性のクリトリスでも見られます。
男性の勃起不全は、PDE5という酵素がサイクリックグアノシン一リン酸を壊すことで起こります。
レビトラの有効成分であるバルデナフィルにはPDE5の働きを阻害する効果があり、服用するとペニスの血流量が増えて勃起不全が改善されます。

男性のペニスを勃起させる海綿体は女性のクリトリスにも存在します。
レビトラは男性の勃起不全を治療するために開発された薬なので、基本的に女性の不感症を治療するものではありません。
しかし女性のクリトリスにも男性のペニスと同じ構造があることから、レビトラを服用すると女性もクリトリスが勃起する可能性があります。

女性の不感症を治療する薬としては、女性用バイアグラが存在します。
女性用バイアグラではなくレビトラを使用した場合でも、ある程度は不感症を改善する可能性があります。
クリトリスは女性の体の中でも最高の性感帯とされています。レビトラの服用によって勃起を促せば、不感症治療に一定の効果を期待できます。

女性の不感症の治療薬は存在する?

一般的に女性は更年期でホルモンバランスが崩れたり、仕事などで過剰なストレスを受けるなどが原因となり膣分泌液の量が減少する場合があります。
膣分泌液量の減少が原因となり性行為時に性交痛を感じたりオーガズムに達することができない、十分に性的な興奮を感じることができないなどの現象が生じます。

女性用バイアグラは男性用と同様に有効成分としてシルデナフィルが含まれています。
シルデナフィルも、レビトラの有効成分であるバルデナフィルと同じく血管拡張によりペニスへの血流量を増加させる効果があります。
女性用バイアグラを服用すると性器周辺への血流量が増加するので、膣分泌液の量が増加して不感症が改善されます。

女性用バイアグラは性器周辺の血流量を増やす効果がありますが、クリトリスを直接的に勃起させる効果は実証されていません。
ただしクリトリスの海綿体への血流量も増加するので、性的な刺激により勃起しやすくなる可能性はあります。

レビトラと女性用バイアグラは有効成分に違いがありますが、血管を拡張して血流量を増やすという効果は共通しています。
女性がレビトラを服用した場合にも女性用バイアグラと同様に血流量が増加するので、膣分泌液の量が増えて不感症改善につながる可能性があります。

シルデナフィルやバルデナフィルのように血管を拡張する効果がある成分には、軽度の頭痛やめまいなどの副作用を起こす可能性が存在します。
また低血圧や高血圧の人、重度の肝臓障害がある人などは使用できません。さらに血圧と関係する様々な薬との併用が禁止されています。

レビトラも女性用バイアグラも、服用の際には十分注意する必要があります。
インターネットの個人輸入代行サイトで購入することもできますが、まず病院で医師の診断を受けるのが合理的です。