レビトラの副作用には頭痛やほてりの症状などがある

頭痛に悩まされる男性

医薬品にはどのようなものにも副作用があり、強い効果が出る医薬品ほど副作用が発現しやすいといわれています。
これは、勃起不全治療薬の一つであるレビトラも例外ではありません。
では、レビトラの服用によって起こり得る副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。

レビトラの副作用のうち特に起こりやすいといわれているのは、ほてり、頭痛、鼻詰まり、動悸、消化不良、めまいです。
これらの症状の多くは他の勃起不全治療薬を服用した場合でも副作用として発現する可能性があります。
また、これらの症状以外にも、循環器では高血圧、頻脈、顔面浮腫などが、消化器では下痢、腹痛、胃炎、食道炎などが、神経系および精神系だと不眠症、傾眠、感覚鈍麻、緊張亢進などが副作用としてあらわれる可能性があります。

もし、レビトラの副作用が頭痛やほてり、下痢程度で済んでいるのであれば、過度に気にする必要はありません。
なぜかというと、それらの症状はレビトラを服用している人の多くが経験するものであるからです。
どうしても副作用が気になるのであれば、レビトラの服用をしばらく中断することで、数日程度で自然に症状が改善され、服用を始める前の状態に戻るでしょう。
もし、副作用としてあらわれた症状がなかなかおさまらないのであれば、レビトラの処方を受けた医療機関で医師に相談をすると、症状を改善する医薬品を処方してもらえる可能性があります。

また、血液検査を受ける予定がある人は、レビトラの服用は控えたほうが良いです。
他の勃起不全治療薬と同様、レビトラの主成分は肝臓で代謝されるため、薬効が持続している最中は、肝機能に関する数値が平常時より悪化する副作用が生じる可能性があるからです。
この副作用が発現したまま血液検査を受けると、医師が誤って受検者を診断してしまうおそれがあるので、血液検査を受ける前の数日はレビトラの服用を控え、検査が終わった後に服用を再開しましょう。

レビトラと鎮痛薬の併用は可能?

レビトラの副作用の症状の出方には個人差があり、中にはその時点で行っていた作業の手をいったん止めなければならなくなるほど酷い症状にみまわれる人も少なくありません。
このような場合、自宅に市販の医薬品を常備しているのであれば、躊躇せずにそれを服用しましょう。

例えば、頭痛が長く続いているのであれば鎮痛薬の一つであるロキソニンがよく飲まれますが、これはレビトラと併用しても問題はありません。
ロキソニンは、消化性潰瘍がある人、肝機能や腎機能に重い障害がある人、重い心機能不全がある人、アスピリン喘息にかかったことがある人などが禁忌となっていますが、併用禁忌薬はありません。
これに対して、レビトラで禁忌となっているのは、肝臓や腎臓、心臓のいずれかに重い障害がある人、硝酸剤か一酸化窒素供与剤を投与されている人などで、ロキソニンの有効成分であるロキソプロフェンは併用禁忌薬の中にも含まれておらず、併用注意薬として指定されてもいません。
また、ロキソニンとレビトラでは薬理作用もまったく異なっており、併用することによる薬効への影響はほとんどありません。

レビトラの副作用として起きている頭痛を抑えるためにロキソニンを使用しても良いのは以上のような理由があるからです。
ロキソニン以外の鎮痛薬についても同様の理由で、一方の薬の効果がもう一方の薬効に影響を与えることはほぼなく、併用をしても問題はないと考えられます。

また、ロキソニンを服用すると胃腸が荒れる副作用が起きることがあることがよく知られています。
頭痛時にロキソニンを常用する人の中には、胃腸症状を改善するために胃腸薬を服用する人がいますが、この胃腸薬もレビトラと併用しても問題はありません。
もし、レビトラとロキソニンを併用する際に胃腸症状が起こることが心配なのであれば、これらと一緒に胃腸薬も併用すると良いです。