男性の性の悩みとして多いのがED・勃起不全です。
性行為をしようにもしっかりと硬くならなかったり、途中でなえてしまうなどの症状を感じている方はいませんか。
こういった症状はある程度の年齢になり男性ホルモンも体の機能自体も衰えてきたら起こるのは当然ですが、最近では20代ですでに苦しんでいる方も多いのです。

そういった方の救世主となるのがレビトラを含むED治療薬です。ED治療薬といえば有名なのはバイアグラですが、それとはどう違うのでしょうか。
忙しい毎日を送る日本の男性ですから、治療のためにわざわざクリニックに行って診察を受けて、というのは避けたいものです。
そこでおすすめなのが通販サイトからの購入です。恥ずかしい思いをすることもありません。とはいえ、通販ならではの落とし穴というのもあるのです。

レビトラとは

レビトラは、バイアグラに次いで国内2番目に認可されたED治療薬です。
ドイツのバイエル薬品が製造販売を行っている薬で、有効成分はバルデナフィルです。

有名度で言えばもちろんバイアグラで、今でも愛用者はたくさんいるのですが、実は食事の影響を受けやすいためまずはパートナーとお食事をしてその流れでセックスにということができません。
それに服用してすぐではなく効果が出てくるのは30分後くらいです。その後1時間ほどで薬剤の血中濃度がピークを迎えます。
食事を取った後にこっそり服用してそのままホテルへというわけにもいかず、なかなか使いづらいという欠点があるのです。
そういった欠点を補う形で生まれたのがレビトラなのです。

レビトラ以外のED治療薬との違い

レビトラは服用して15分もすると効果が出てきます。そして45分ほどで血中濃度がピークを迎えます。
バイアグラ同様にその効果は5時間から6時間続くので、ホテルに入る直前に服用してもいいですし、デート前から服用しておくという手もあります。たとえその間に食事を取っても大丈夫です。
なぜならバイアグラと違って食事の影響を受けにくい、という特徴も持っているからです。
空腹状態で胃になにも入っていないときの方が薬の成分はより吸収されやすいのですが、即効性もあるのでうまくタイミングを合わせながらベストの状態に持って行きやすいのです。

ちなみに、その後に出た第3のED治療薬、それがシアリスです。
実はバイアグラもレビトラも大部分の方が使用することで顔の火照りや頭痛・動悸・鼻づまり・目の充血といったマイナスな効果も受けていたのです。
特にレビトラの場合は胃の不快感が出てくることもあります。せっかくパートナーと楽しもうというときにこのような症状が出てきていては大変です。
それに、場合によっては一晩ホテルで泊まって翌日まで楽しもうというときもあります。一気に加速してあっという間に終息していては困ります。
ゆっくりとマイルドに効き始めて、24時間から36時間と長く効果が続く薬、それがシアリスなのです。
効き方がマイルドな分、火照りや目の充血といった作用も受けづらいです。勃起も自然なので、薬を使っているというのがパートナーにばれにくいという安心もあります。

バイアグラ・レビトラ・シアリスと3つの薬が日本にはあります。
それぞれにメリットデメリットがありますし、人それぞれ体質も異なるのですから合う合わないというのもあります。
性行為に至るまでのシチュエーションというのもあるでしょう。初めての相手とするのか、夫婦でしていたけれど寄る年波には勝てず最近はうまく行かなくなったから使用してみたという方もいます。
それぞれの特徴を知った上でそれぞれの場面ごとに試してみましょう。性に関する悩みは人には相談できないものです。こっそりと通販サイトで手に入れてコンプレックスを解消してください。

レビトラの効果作用

レビトラの有効成分はバルデナフィルです。この成分には勃起を妨げる酵素である5型ホスホジエステラーゼの働きを阻害する作用があるのです。
5型ホスホジエステラーゼはcGMPという勃起を持続するために必要となる成分を壊してしまいます。
レビトラの力でそれを防ぐのですが、そのため勃起不全となっていた方も元気を取り戻すことができるというわけです。

このあたりのしくみはバイアグラと同じです。とはいえ有効成分が違うことから特徴に違いが現われているのです。
バルデナフィルには水に溶けやすいという性質があります。最高血中濃度に達するまでの時間も0.7から0.9時間、すなわち42分から54分程度です。
これは他のED治療薬と比べて早い数字です。とにかく即効性が欲しい・短時間で強力な効果を得たいと考える方にとってレビトラはおすすめのED治療薬というわけです。

食事と服用について

バイアグラと違って食事の影響を受けにくいと言われるレビトラですが、即効性があるとは言ってもやはり食事をした上で使用するのであればバイアグラやシアリスと違いはありません。
性行為の1時間前くらいには服用しておくのがおすすめです。そうすることで1時間後には勃起力がアップするのです。やはり空腹時こそ即効性は発揮されます。
バイアグラは空腹時には30分前くらいに服用することが求められていますが、レビトラであれば20分ほどですでに効果が実感できるのです。
国内で販売されている中で最も即効性がある薬、その特徴を活かすにはやはり食事は取らないことです。
とは言え、仮に食べていたとしてもバイアグラほどは食事の影響は受けにくいです。バイアグラだとご飯を食べることで効果が半減してしまうかもしれないのです。
レビトラは大丈夫、と言っても条件はあります。

総エネルギーに占める脂肪の割合は30パーセント以下に抑えましょうということです。
成人男性の場合、1食当たり700キロカロリー程度までが標準と言われています。その30パーセント以内ということであれば影響を受けにくいのです。
そのメニュー全体のカロリーではなくあくまで脂肪の分のみのカロリーということですからご注意ください。
たとえばがっつりステーキを食べた後などは絶対条件値は越えています。脂が少なめであっさりとした味付けのしょうゆラーメンを1杯程度までを基準としておきましょう。

軽く食事してからその後にホテルに、あるいはホテルで軽食を頼んで食べる、という程度がちょうどいいというわけです。きちんと使用すれば硬さが出やすくなります。
それだけでなく刺激に対して鈍感になるため、射精までの時間延長にも効果的です。
バイエル薬品が治験したところ、普段の2.4倍から3倍も挿入時間が長くなったという結果も出ています。
EDと共に多いのが早漏の悩みですが、こちらのコンプレックスも改善してくれるというわけです。

レビトラの正しい服用方法

オレンジ色で円形のレビトラ。その中には白い薬剤が入っています。
この薬剤の成分を存分に発揮させるためにはやはり服用方法に十分気をつける必要があります。服用方法を間違っているとせっかくの成分の効果が得られません。

即効性のあるレビトラですからセックスの1時間前くらいに服用してください。
飲むと15分から30分程度で効果が現われ始めます。とはいえ個人差もあるため早めに服用しておいた方が安心なのです。
デートの途中から勃起してしまったらどうしようと思われる方もいるでしょうが、ED治療薬は飲んだらすぐにむくむくとなってしまうような薬ではないのです。
服用した上で、性的興奮を得ることでようやく勃起が起こるのです。あくまで勃起を補助するための薬なのですから大丈夫です。

1日1回1錠までです。大量に服用したからといって効果が2倍にも3倍にもなるわけではありません。
むしろ火照りや目の充血といったマイナスな作用が多くなってしまうだけです。楽しく性行為を行いたいのであれば無茶はせず用法用量を守って使用してください。
服用時には食べ過ぎや酔っ払いすぎにはご注意ください。効果が持続するのは5時間程度。こちらも個人差があり10時間ほど続く方もいます。
とはいえ表面に効果が現れては来なくとも体内にはまだレビトラの成分は残っているのですから1度服用してから24時間以内にまた1錠服用するのはやめましょう。あくまで1日1回1錠です。

火照りや目の充血だけならまだしも、めまいを起こしてしまうことだってあります。
服用後は車の運転をしたり高くて不安定なところに行ったりするのは危険です。命を落としかねません。ホテルの近場でのみ行動するようにしてください。

日本では5mg・10mg・20mgの3種類が販売されています。クリニックに行けば10mgか20mgのどちらかが出てくるでしょう。
10mgであれば5時間から6時間、20mgなら8時間から10時間くらい持続するという目安でどちらかを選んでください。
ただし、個人差があるので絶対その時間となるとは言い切れません。
初めて服用した場合には効果が実感できず、何度か服用を重ねるうちに効果が出てきたという症例もあるため、一度の使用であきらめてしまわず何度か試してみてください。
レビトラを服用すると胃が活発に動くようになり胃酸が大量に産出されるため、胃酸過多や逆流性食道炎といった症状が出てくる方もいます。
もともと胃が弱い方は特に、胃酸を押さえてくれる胃薬も一緒に併用しておくと安心です。

禁忌薬もあります。すでに常用している薬があれば医師に相談してみてください。
意外なところでグレープフルーツも薬の血中濃度を上昇させるという作用があるため禁止されているのです。
軽めの食事をということでフルーツを中心に食べる場合は、特に気をつけてください。正しく服用して効果を得るようにしましょう。

レビトラを通販サイトから安く手に入れる

海外のバイエル社の商品であるレビトラを手に入れるのにおすすめなのが個人輸入でインターネットを通じての購入です。
海外からの個人輸入と言ってもさまざまな手続きを代行してくれるサイトがあるので、普通にインターネットの通販でお買い物する感覚で手に入れることができるのです。

インターネットのメリットとしては、ED治療薬という人に知られるのはちょっと恥ずかしいという薬が誰にも見られることなく手に入るということです。
まとめ買いだってできます。数量に限度があり、最大でも1か月分・30錠までというように薬事法に決められているものの、それだけあれば十分でしょう。
24時間いつでも自宅にいながらにして注文できるため、忙しい現代の男性たちにおすすめなのです。
診察料もかからず薬のお値段だけなので安く手に入れられます。

その一方で、インターネットならではのデメリットというのもあります。
実会社がなくてもネット上だけで会社を立ち上げることができる世界のため、どうしても悪徳業者というのもたくさん横行しているのです。
もしかしたら偽物をつかまされるかもしれません。あまりに安すぎる商品は偽物の可能性も高いです。安かろう悪かろうでは意味が無いのです
購入の際はネット総合病院などのレビトラの本物がある通販サイトを使いましょう。

個人輸入で注意したいポイント

偽物といってもさまざまあります。
有効成分が含まれていなくて効果が出ないというだけならまだしも、大量に入りすぎていて用法用量を守って服用しているはずが実は毎回大量摂取していたということだって起こるのです。
もしもそれにより体のトラブルが起こってしまっていては、逆に高く付いてしまいます。見た目も有効成分の量も同じでも正しい商品とは限りません。
劣悪な環境の工場や、工場ともいえないような個人宅で作られているという場合もあるのです。
ばい菌も一緒に配合されていることだってあり、それだとやはり体に悪影響が起こってしまうのです。
商品が届けばまだいい方で、料金を支払っているにも関わらず商品が届かなかったり連絡さえ取れなくなることだってあります。

個人輸入で手に入れるというのであれば代行してくれる業者選びをきちんとおこなうことが大切です。
日本バイエル薬品の正規品を取り扱っているのかどうか、正規の販売ルートを使って入荷しているのか、連絡先もきちんと特定できるかなど調べ、口コミ評判などもよく見てから選ぶようにしましょう。

食事の仕方やいつ服用するか・併用が禁忌とされる薬はあるのか、などレビトラを服用する上での注意点というのはさまざまあります。
医師の元で手に入れるのであれば医師がきちんと説明してくれるでしょう。常用している薬との相性についても調べてくれるでしょう。
ですが、個人輸入だとそれをすべて自身で調べなければなりません。なにかあっても自己責任です。安いのには理由があるのです。
個人輸入のメリットデメリットも知った上でうまく活用するようにしてください。